全国的に暖かい日が続くようになり、さらに春の訪れを感じられるようになってきました。ところによっては桜の便りも届いているようですし、ここ米沢市も天気が良く暖かい日が続いたのですが、今日は雪模様でまた冬に逆戻り…。桜はまだ先の話ですね。

今回は、加圧力について少しお話しします。抵抗溶接に必要なジュール熱Qは(1)式で求めることができますが、この式にある「R(抵抗)」の大小を左右するのが加圧力です。

Q=I2Rt・・・(1)

この「R(抵抗)」は、主に被溶接物間の接触抵抗を指します。溶接電極の形状が一定だとした場合、加圧力を大きくすると接触抵抗は小さくなり、加圧力を小さくすると接触抵抗は大きくなりますから、ジュール熱の発生度合いも変わってきます。
また、加圧力は溶接電流が流れたことよるジュール熱で被溶接物が溶かされたときに、電極との接触部を保持する働きもあり、安定した抵抗溶接を実現するための大切なポイントになります。

豊後梅