フルオーダーメイド(設計~納品までの流れ)

お役様のご要望に合わせてパーツの素材・機能や性能などを一つ一つ検討しながらフルオーダーメイドで設計・制作します。

発注・仕様決定

お客様が必要とする仕様・情報を正確に把握する為、打合せを行います。
打合せ内容に基づき構想を立案しお客様と打合せを重ね仕様を決定します。
お客様との打合せ内容は社内でも共有し仕様の漏れを確認します。

機械・電気設計

仕様決定後、担当する機械設計者と電気設計者間で情報を共有し設計を進めます。
お客様の要望に副い、使い勝手や機能が十分に発揮されるよう熟慮を重ねます。

部品製作・購入品手配

設計完了後、社内加工部門、購買部門が主となり製作、購入品手配を行います。
お客様の要望納期に手配品を揃えるため、社内、調達先と様々調整をしています。

組立・結線・調整

部品、購入品が揃い装置組立がスタートします。
部品毎に不具合や改善すべき点が無いかを確認します。
平行、直角等の精度を出し、全てのユニットを組立て、装置を理想の形にします。
装置にユニット、部品が組み上がり次第、電気配線を行い動作準備を整えます。
設計者(機械、電気)、組立担当者がひとつのチームとなり最終調整を行います。
機能性やメンテナンス性等、お客様がより良い形で使用出来るよう仕上げます。
設備の安定稼働を目指し、細かい部分まで妥協を許さず装置完成まで取組みます。

立会検査

お客様に納品前の確認を行っていただきます。
装置内各工程に於いて検査、確認を行い、合格をいただいてから出荷となります。

納品・現地立上

納品先で立上げ工事を行い、お客様へ装置をお引渡します。
海外のお客様についても基本現地へ訪問しての対応を行います。
お客様へのオペレーショントレーニングも納品の際に対応しています。

消耗品手配

装置の中には消耗品と呼ばれる部品や購入品もあります。
アフターフォローとして、弊社では消耗部品の製作、購入手配も承っております。
随時お客様よりご連絡いただき対応しています。