早いもので来週には12月を迎えます。これから年末に向けて何かと忙しくなってくる時期ですが、みなさん体調に気を付けてお過ごしください。

さて今回は弊社の溶接電源の紹介をさせていただきます。

トランジスタ式抵抗溶接電源「PW-30D」は、電子部品などの精密且つ微細な抵抗溶接に適した抵抗溶接電源です。3つの制御方式(定電圧・定電力・定電流)を選択でき、通電時間等を任意に設定できますので高品質な抵抗溶接が実現できます。

アーク溶接電源「PW-05Arc」は、「アーク放電」を利用した溶接電源です。ワークを電極にセットし、通電しながらワーク同士を引き離すことでワーク間に放電が発生し、ワークを溶かして溶接します。電流・時間を任意に設定でき、放電パワーも安定しています。導入線とスラグリードの溶接などに適しています。

溶接特設サイトにも溶接電源の詳しい紹介がありますので、お気軽にお問い合わせください。