時々冬らしい天気となるものの、平地では気温が上昇して降雪が続かず、積もった雪も数日で消えてしまう今シーズンの冬。来月は3月ですからこの先本格的な積雪はないように思います。まれに見る少雪の影響は、冬のイベントの中止や規模の縮小となって現れています。雪不足のため一日も営業できないまま今シーズンの終了を決めたスキー場もあったと聞きます。雪国と言われる地域で暮らしていて、生活のしやすさだけを考えると少雪なのは良いこと…と思うのですが、この季節にあるはずのものがないということは、別のところで何かしら歪となって出てきてしまうことを感じています。

ここ最近異種金属同士を溶接する案件が続きました。材質も形もすべて異なる組み合わせでしたからもちろん同じやり方では出来ません。それぞれに工夫が必要でしたが、以前の記憶が思い出されその時の経験が役に立ちました。昔の苦労が活かされたたわけですから、その当時の自分を褒めてあげてもいいのかなと思います。