遠くに見える吾妻の山々は既に雪で白くなっています。麓まで雪で白くなるのも間近ではないかと思います。昨シーズンの冬は記録的とも言えるような暖冬少雪でした。生活する上では楽な冬でしたが、本来であればあるはずのものがないという状況は、いいことばかりではないことも感じました。今シーズンの冬はどうなるのでしょうか。今気になることの一つです。

厚みの異なる板同士を抵抗溶接する場合、そのまま重ね合わせてダイレクト溶接で…とは簡単にいかないことも多いです。厚みが異なる分、双方を同じように発熱させ溶かすことが難しいからなのですが、それならばどうするかというと「プロジェクション溶接」という方法を使います。厚い方の板にプロジェクション(突起)を設け、そのプロジェクション部と薄い方の板とを接合(溶接)する方法です。プロジェクションの先端に電流が集中するので発熱させやすく抵抗溶接が容易になります。

秋の安久津八幡宮