まだ梅雨明けしていない中、マスクをしていると蒸し暑さと息苦しさとで悩ましく思う方は多いと思います(私もそうです)。感染症予防のため必要であることは十分理解していても、日常的にマスクを身につける煩わしさや、生活様式自体をこれまでと大きく変えなければならないこともありますから、少なからずストレスを感じてしまうこともあるでしょう。熱中症予防の観点から屋外で周囲の人と十分な距離(2メートル以上)を保てる場合はマスクを外してとの指針も出ていますし、人混みを避けて開放感を味わうのも良いストレス発散ですよね。新しい生活様式を実践しつつも体の健康とともに心の健康を大切にしていきましょう。

抵抗溶接は、溶接条件が決まってしまえば他の溶接方法に比べて作業者の熟練度に影響されることが少ないというメリットがありますが、安定した溶接品質が得られる溶接条件を見つけるのに時間を要する場合があり、その点がデメリットと言えるのかもしれません。溶接条件は、溶接電極の選定(材質や形状)から始まり、溶接電流・通電時間・加圧力など多くの項目について検討しなければなりませんから、抵抗溶接に関わる業務を担当されている方は困った経験があるのではないかと思います。弊社では抵抗溶接の「困った」のお手伝いをさせていただいておりますので、些細なことだから…と思わずご相談ください。

 

三重塔(安久津八幡宮)