記録的な暖冬の影響か全国的に桜の開花が早い予想のようで、弊社周辺の桜もいつになるのか気になっていたところに昨日の雪。春と冬を行ったり来たりでまだ天気が安定していないです。通勤途中に見かける桜の木が色づいてくるのが毎年の楽しみなのですが、本格的な春と満開の桜はもう少し先ですかね。来月からは新年度です。

溶接不良の中で溶接電極と被溶接物がくっついてしまう現象は、①溶接電流が大きい、②通電時間が長い、③加圧力が低い、と発生する可能性が高くなります。これら3つは、抵抗溶接の三大条件と言われる要素で、溶接条件出しでもこの3項目を調整しながら行いますから、溶接状態には大きく関わってきます。また溶接電極の材質と形状が被溶接物に対して適切かどうかも大切な要素です(こちらも参考にどうぞ)。溶接不良の現象の裏には原因があります。地道な作業ですが考えられる改善策を一つずつ試して解決していきましょうね。

 

桜のトンネル(2018年4月撮影) 今年はまだ咲いていません。。。