秋も深まってきて山の木々が紅葉で色づいている中、初冠雪という便りも聞かれるようになりました。一歩一歩冬が近づいてきていることを感じます。弊社のある米沢市も雪国ですから冬ならではの苦労もありますが、冬だからこそ感じられることもありますから、季節の変化が楽しみでもあります。

先月の続きの話になりますが、溶接実験の依頼を頂くとお客様からお預かりした資料やワークを見ながら、溶接できるのか、またどのようにしたらうまく溶接できるかを検討します。抵抗溶接ですから必ずワークに電極をあてなければならないわけですが、多くの場合ワーク同士を電極で挟んで通電する方法だと思います。しかし、中には形状等の関係で単純に電極で挟めない場合もありますので、ここでひと工夫が必要になります。電極の形状・材質を見極めることが良好な溶接結果を導きだす方法のひとつになりますから、重要なポイントです。